温故知新ラボ™
オナカだけをずっと真面目に考える「ONAKA研究カンパニー」腸内環境株式会社の研究所であり、ブランド名です。
続くことを考えた腸内環境を整えるための「食・運動・姿勢(鷲掴み力)」商品の開発、販売を温故知新ラボにて行っています。複合炭水化物 低GI値 雑穀米「温故知新ラボ米」、レジスタントスターチサプリメント「レジスタ」、SOD産生サポート飲料「クロックティー」、足趾把持力(足指握力)強化サポート商品「ワシーガトウズ」等。
腸内環境を整えるためには、食物繊維群(レジスタントスターチ、水溶性・不溶性食物繊維、オリゴ糖)、ファイトケミカル(ポリフェノールなど)を意識して摂取し、正しい姿勢で適度な運動を行います、正しい姿勢で行うためには、鷲掴み力(足指握力・足裏アーチ力・踵力)、特に足指握力を強くすることが大切になります。

トピックス

富士大学 体育会ゴルフ部 2021年関東大学春季Dブロック対抗戦完全優勝!(10/21 動画追加)

2021年10月21日

 

 

ワシーガトウズをご使用いただいている富士大学体育会ゴルフ部優勝。

 

「2021年関東大学春季Dブロック対抗戦において、2位と49ストロークの大差を持って完全優勝、Cブロック昇格に貢献しました。今後、Cブロックで戦い、更なる高みを目指します!」とのことで、ワシーガトウズ使用感想と合わせて、富士大学体育会ゴルフ部 菅原監督より連絡をいただきました。

 

 

ワシーガトウズをご使用いただいている富士大学体育会ゴルフ部優勝。

渡邉優人選手は、143ストロークで最優秀選手に。

1日目:2アンダー(70)、2日目:1オーバー(73)、2日間合計:トータル1アンダー(143ストローク)

 

 

 

 

~~~ ワシーガトウズ使用感想 ~~~

 

 

 

富士大学 体育会 ゴルフ部主将4年 小形 陸

 

最初は違和感しかなく、歩きずらく、振りずらかったが、使用するうちにゴルフスイングが大きく変わりました。

 

一番は飛距離がアップしたことです。

 

今までより、スイング時のバランスが良くなり、ダウンスイング時のタメができヘッドスピードが上がり、体が流れることなくスイングができるようになりました。

 

それによってミート率が上がり安定したゴルフができるようになり、また苦手なパットも安定したストロークになりました。

 

今後もワシーガトウズを使用してベストなゴルフをし、プロになれるように頑張っていきたい。

 

 

ユーチューブ動画

 

 

富士大学 体育会 ゴルフ部2年 渡邊 優人(最優秀選手)

 

ワシーガトウズを使ってみて感じたことは、今まで構えた時の足で地面を掴む感覚があまり感じられなかったが、このワシーガトウズを使ったら掴む感じがわかり両足の踏ん張り感が感じられるようになった。

 

テークバック時には、下半身の踏ん張りがしっかりしていて右股関節に乗れるようになった。

 

また一番効果が感じられたインパクト時には、左足の踏ん張りで壁を感じられ、右足ではいつもより蹴り込みが強くなりドライバーの飛距離がアップし、アイアンは地面を掴む感覚を感じられ、精度がよくなりました。

 

足指の握力が増えて下半身が強くなればもっと飛距離が伸び、球筋も安定してくると思いました。

 

 

 

 

 

 

ワシーガトウズ ゴルフ練習方法

ワシーガトウズ ゴルフ練習方法

 

 

 

(ユーチューブ動画)

 

 

ワシーガトウズページ

足趾把持力(足指握力)強化トレーニングサンダル「ワシーガトウズ」

 

 

 

 

ページの先頭へ