温故知新ラボ™
オナカだけをずっと真面目に考える「ONAKA研究カンパニー」腸内環境株式会社の研究所であり、ブランド名です。
続くことを考えた腸内環境を整えるための「食・運動・姿勢」商品の開発、販売を温故知新ラボにて行っています。複合炭水化物 低GI値 雑穀米「温故知新ラボ米」、レジスタントスターチサプリメント「レジスタ」、SOD産生サポート飲料「クロックティー」、足趾把持力(足指握力)強化サポート商品「ワシーガトウズ」、弓状線(腹横筋)強化フィットネスギア/下腹ぽっこり対策製品「ワシーガスタイル」、オナカサンダル(お通じサンダル)の「ワシーガアーチ」等。
腸内環境を整えるためには、食物繊維群(レジスタントスターチ、水溶性・不溶性食物繊維、オリゴ糖)、ファイトケミカル(ポリフェノールなど)を意識して摂取し、正しい姿勢で適度な運動を行うことが大切です。

トピックス

レジスタ1Kg(お徳用)新発売のお知らせ 及びエビデンス一部ご紹介(海外文献 翻訳)

2022年11月23日

 

 

生活習慣病対策/酪酸の腸内産生 促進に!レジスタントスターチサプリメント「レジスタ」

 

2016年2月より 販売開始から約7年、

10万袋以上販売実績がある

「レジスタ」に新しいラインナップが加わりました。

 

これまでより、多めに摂取したい方、ご家族でご利用したい方に。レジスタお徳用1Kg 通常のレジスタ1袋(150g)と比べて約30%OFFの価格で新発売!
販売価格 9,260円(税込 10,000円)

 

さらにお買い求めやすくなりました!

 

 

 

レジスタの主要成分であるレジスタントスターチの良い変化が期待できる根拠(エビデンス/論文) 

 

 

 

レジスタの主要成分であるレジスタントスターチの良い変化が期待できる根拠(エビデンス/論文) 

 

日本において数多くのレジスタントスターチにおける論文が出ており、

また海外においても数多くの論文が出ております。

今回、海外で出ている論文を一部ご紹介します。

 

エビデンス/論文一部ご紹介(海外文献 翻訳

 

 

 

1)Health benefits of resistant starch: A review of the literature

耐性デンプン(レジスタントスターチ)の健康上の利点:文献のレビュー

Journal of Functional Foods  Volume 93, June 2022, 105094

機能性食品ジャーナル 第93巻、2022年6月、105094

 

(掲載: サイエンスダイレクト/ オランダ)

 

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1756464622001645

 

<ハイライト>

 

  • 耐性デンプン(レジスタントスターチ)の消費は、人間の健康に良い影響を与えます。

 

  • 耐性デンプン(レジスタントスターチ)は、炭水化物と脂質代謝と体重を改善する可能性があります。

 

  • プレバイオティクスとしての耐性デンプン(レジスタントスターチ)は腸機能を改善します。

 

 

 

2)Resistant starch, large bowel fermentation and a broader perspective of prebiotics and probiotics

耐性デンプン(レジスタントスターチ)、大腸発酵、プレバイオティクスとプロバイオティクスのより広い視点

 

(掲載:ワーヘニンゲン アカデミックパブリッシャー/ オランダ)

 

https://www.wageningenacademic.com/doi/10.3920/BM2010.0041

 

耐性デンプン(レジスタントスターチ)は食物繊維成分であり、その発酵は一般的に酪酸生産を好む。食事RS(レジスタントスターチ)摂取量と糞便酪酸レベルは、食事関連の大腸疾患のリスクが低い集団で高い。逆に、RS(レジスタントスターチ)摂取量と糞便酪酸レベルは、高リスクグループでは非常に低い。これにより、RS(レジスタントスターチ)の消費量の増加が健康に利益をもたらす可能性が高まります。RS(レジスタントスターチ)はプレバイオティクスとして広く見なされていませんが、(受け入れられた定義によると)ほとんどの形態は、特定の細菌を刺激する上で必要な機能を示し、総SCFA(短鎖脂肪酸)と酪酸レベルを上げ、宿主にその結果として利益をもたらします。RS(レジスタントスターチ)消費の増加を通じて公衆衛生を改善するための現在の取り組みは、そのプレバイオティクスの役割のより大きな認識によって促進される可能性があります。

 

 

 

3)Impact of dietary resistant starch type 4 on human gut microbiota and immunometabolic functions

 食物耐性デンプン(レジスタントスターチ)タイプ4がヒト腸内微生物叢および免疫代謝機能に及ぼす影響

 

(掲載:ネイチャー/イギリス)

 

https://www.nature.com/articles/srep28797

 

結論として、この研究は、食事RS4(レジスタントスターチ)補給が腸内微生物および代謝物環境および関連する宿主代謝機能を選択的に変化させるという証拠を提供する。私たちの知る限りでは、これは発酵繊維RS4(レジスタントスターチ)が腸内微生物生態学、SCFA(短鎖脂肪酸)のような機能的な代謝物、およびMetsS(メタボリックシンドローム)の兆候を持つ自由な生きている白人コホートでの1つのうまく設計された研究でホストの生理学的反応に及ぼす影響を調査した最初のホリスティック研究です。この調査結果は、今日の主要な公衆衛生上の懸念である代謝障害を持つ個人のための食事ガイドラインに重要な意味を持つ栄養療法における微生物叢と宿主の相互作用の認識された役割を支持している。

 

 

 

4)Cancer Prevention with Resistant Starch in Lynch Syndrome Patients in the CAPP2-Randomized Placebo Controlled Trial: Planned 10-Year Follow-up

CAPP2ランダム化プラセボ対照試験における耐性デンプン(レジスタントスターチ)によるがん予防、及び計画された10年間のフォローアップ

 

(掲載:米国がん研究協会/ アメリカ)

 

https://aacrjournals.org/cancerpreventionresearch/article/15/9/623/708166/Cancer-Prevention-with-Resistant-Starch-in-Lynch?searchresult=1

 

結論として、RS(レジスタントスターチ)がLS(リンチ症候群)の大腸がんリスクを変えるという証拠は見つからなかったが、RS(レジスタントスターチ)にランダム化されたものは、非大腸がんLS(リンチ症候群)がん、特に上GI(消化器)がんのリスクが有意に低い。これらの癌の診断と管理が困難であることを考えると、この発見はLS(リンチ症候群)患者にとって大きな潜在的な利益をもたらします。

 

 

 

5)Type-4 Resistant Starch in Substitution for Available Carbohydrate Reduces Postprandial Glycemic Response and Hunger in Acute, Randomized, Double-Blind, Controlled Study

 利用可能な炭水化物に代わるタイプ4耐性デンプン(レジスタントスターチ)は、急性、ランダム化、二重ブラインド、対照研究における食後血糖反応と飢餓を減少させる

 

(掲載:MDPI/ スイス)

 

https://www.mdpi.com/2072-6643/10/2/129

 

結論として、この研究は、小麦粉から利用可能な炭水化物を置き換えるRS4/レジスタントスターチ(酸加水分解および熱処理されたトウモロコシ デンプ​​ン)で強化された焼き菓子が、食後の血漿グルコース応答(静脈およびインスリン)を減少させ、それに応じて血漿インスリンを減少させることを実証した. 研究食品は、消費者が市場で見つけたものをエミュレートして、実用的な分量で投与されました. これは、RS4(レジスタントスターチ) を摂取した後、満腹感、空腹感、食べたいという欲求の 2 つの測定値の変化を報告した最初の研究です。 高繊維スコーンは忍容性が高く、胃腸に変化はありませんでした。

 

 

 

6)Resistant Starch from High-Amylose Maize Increases Insulin Sensitivity in Overweight and Obese Men

 高アミローストウモロコシからの耐性デンプン(レジスタントスターチ)は、太りすぎや肥満の男性のインスリン感受性を高めます

 

(掲載:オックスフォードアカデミック/ イギリス)

 

https://academic.oup.com/jn/article/142/4/717/4630912#.

 

結論、現在の結果は、HAMーRS2(ハイアミロース トウモロコシ-レジスタントスターチ2)の15g/dと30g/dの消費が太りすぎと肥満の男性のSI(ステイタス インターベンション)を改善したことを示した。未定の理由から、女性にSI(ステイタス インターベンション) の有意な変化は観察されなかった。HAMーRS2(ハイアミローストウモロコシ-レジスタントスターチ) 消費中のSI(ステイタス インターベンション) の改善を担当するメカニズムをさらに描写するには追加の調査が必要になります。

 

 

 

7)Resistant starch prevents tumorigenesis of dimethylhydrazine-induced colon tumors via regulation of an ER stress-mediated mitochondrial apoptosis pathway

 耐性デンプン(レジスタントスターチ)は、ERストレス(小胞体ストレス)を介したミトコンドリアアポトーシス経路の調節により、ジメチルヒドラジン誘発結腸腫瘍の腫瘍の形成を防ぎます。

 

(掲載:スパンディドス/ ギリシャ)

 

 https://www.spandidos-publications.com/10.3892/ijmm.2018.3423?text=fulltext 

 

結論、耐性デンプン(レジスタントスターチ)は腸機能を改善し、耐性デンプン(レジスタントスターチ)食が体重と結腸組織の代謝特性を改善したことを示した。耐性デンプン(レジスタントスターチ)が、1,2-ジメチルヒドラジンによって誘発されたマウスからの結腸腫瘍細胞におけるeIF2αによって媒介されたERストレス依存性PERK活性のアップレギュレーションによってアポトーシスとオートファジーを促進することによって結腸の腫瘍発生を阻害することを示した。これらの調査は、耐性デンプン(レジスタントスターチ)が、ERストレスを介したミトコンドリアアポトーシス経路の調節を介してジメチルヒドラジンによって引き起こされる結腸腫瘍の形成を防ぐことを示した。これは、将来的に結腸組織の腫瘍形成の予防に役立つ可能性がある。

 

 

 

 

レジスタントスターチサプリメント「レジスタ」パンフレット

 

 

 

生活習慣病対策/酪酸の腸内産生 促進に!レジスタントスターチサプリメント「レジスタ」
生活習慣病対策/酪酸の腸内産生 促進に!レジスタントスターチサプリメント「レジスタ」

 

 

 

生活習慣病対策/酪酸の腸内産生 促進に!レジスタントスターチサプリメント「レジスタ」

上記バナーをクリックいただきレジスタページもご覧ください。

 

 

 

ページの先頭へ