温故知新ラボ™
オナカだけをずっと真面目に考える「ONAKA研究カンパニー」腸内環境株式会社の研究所であり、ブランド名です。
続くことを考えた腸内環境を整えるための「食・運動・姿勢(鷲掴み力)」商品の開発、販売を温故知新ラボにて行っています。複合炭水化物 低GI値 雑穀米「温故知新ラボ米」、レジスタントスターチサプリメント「レジスタ」、SOD産生サポート飲料「クロックティー」、足趾把持力(足指握力)強化サポート商品「ワシーガトウズ」等。
腸内環境を整えるためには、食物繊維群(レジスタントスターチ、水溶性・不溶性食物繊維、オリゴ糖)、ファイトケミカル(ポリフェノールなど)を意識して摂取し、正しい姿勢で適度な運動を行います、正しい姿勢で行うためには、鷲掴み力(足指握力・足裏アーチ力・踵力)、特に足指握力を強くすることが大切になります。

トピックス

ポリフェノール・コラーゲン鍋(飲む・食べるサプリ茶 クロックティー鍋)の作り方

2018年1月13日

飲む・食べるサプリメント茶 ノンカフェインポリフェノール焙煎茶クロックティーの楽しみ方の1つに

ポリフェノール・コラーゲン鍋(クロックティー鍋) ポリフェノール・コラーゲン鍋(クロックティー鍋)材料 ポリフェノール・コラーゲン鍋(クロックティー鍋)材料

ポリフェノール・コラーゲン鍋(クロックティー鍋)があります。

腸内環境にとても良いポリフェノールを含み、普段のモツ鍋(コラーゲン鍋)の旨味が引き立ち、コクが出ます。

 

 

ポリフェノール・コラーゲン鍋(クロックティー鍋)の作り方

1,2人分のポリフェノール・コラーゲン鍋を作る場合

ホルモン(モツ)200g(今回は、小腸使用)豚のバラ肉100g

クロックティー:大さじ1杯(ティーストレーナーに入れて煮出します)

大根、キャベツ、ちぢみゆきな、モツ鍋スープ

 

モツ鍋スープを入れ、そこにクロックティー大さじ1杯(ティーストレーナーに入れて)入れます。

沸騰してきたら肉を入れます。

肉の色が変わってきたら大根、ある程度柔らかくなったら、ティーストレーナーを取り出します。

そしてちぢみゆきなを入れ、蓋をします。

じっくり弱火でかけ、大根に串が通れば完成です。

 

 

ページの先頭へ