日本腸内環境協会

温故知新ラボ™
オナカだけをずっと真面目に考える「ONAKA研究カンパニー」腸内環境株式会社の研究所であり、ブランド名です。
続くことを考えた腸内環境を整えるための簡単、ついでに出来る「食・運動・鷲掴み力 3つの習慣」製品として温故知新ラボにて、食サポート サプリメント「レジスタ」 お茶「クロックティー」 雑穀用炊飯でん粉「雑穀100%生活」、運動サポート商品(足指・踵・足裏アーチ 強化 トレーニング・ケア グッズ)「フットベース・鷲Dal(ワシダル)」、ゴルフ専用インソール「フットベース・Gインソール(ジーインソール)」の開発、また「温故知新ラボ」ブランドとしての販売を行っております。(アマゾン、楽天等において、温故知新ラボもしくは、商品名で検索出来ます。)
腸内環境を整えるためには、食物繊維群(レジスタントスターチ、水溶性・不溶性食物繊維、オリゴ糖)、ファイトケミカル(ポリフェノールなど)を意識して摂取し、腸内環境に良い適度な運動を行い、趾(足指)・踵・足裏アーチ、いわゆる鷲掴み力を強くすることが大切です。

フットベース・鷲Dal(ワシダル) 仙骨(骨盤)サンダル

商品概要

 

 

鷲Dal

 

フットベース・鷲Dal(ワシダル) 仙骨(骨盤)サンダル

フットベース・ワシダル

鷲掴み上り坂習慣サンダル

(仙骨・骨盤 姿勢サンダル)

特許出願済

鷲掴み上り坂習慣サンダル(仙骨・骨盤 姿勢サンダル)

 

室内でちょくちょく「フットベース・ワシダル」を履いて生活・家事をするだけ!

もしくは、家の周りを散歩するだけ。

気軽に鷲掴み上り坂習慣

徐々にオナカの内から外から実感が期待できます。

腸内環境が気になる方・オナカ周りが気になる方にオススメです!

 

 

 

フットベース・鷲Dal 特徴

 

 

 

人間工学を徹底研究し、人間の部位間における動作機能を追求した

「フットベース・鷲Dal(ワシダル)」

下腹凸にアプローチします!

気軽にいつでも上り坂に立つ姿勢・鷲掴み習慣。

足指力(足趾把持力)の強化

足裏アーチの形成

弓状線の締り強化(丹田周辺)

姿勢の正常化(仙骨・骨盤の角度修正)

腸内環境正常化 

が期待できます。

 

 

鷲Dalは、カカトに重心がかかることで仙骨(骨盤)を正しい角度に修正、お腹の弓状腺の締り強化、姿勢の正常化、また足指で握ることで、足指力(足趾把持力)の強化、そして上下の傾斜突起を踏むことで、足裏アーチの形成にも繋がります。

 

 

人間工学を徹底研究し、人間の部位間における動作機能を追求した鷲Dal ワシダル

 

 

仙骨 骨盤 姿勢サンダル 鷲掴み上り坂習慣サンダル

 

 

 

 

フットベース・鷲Dal開発の背景

 

 

 

運動学がない時代の健康長寿村(世界三大長寿村のビルカバンバ、フンザ、コーカサス、日本の健康長寿村)の共通の特徴は、坂の多い起伏に富んだ急斜面の大自然、舗装されていない急な坂道だったということが多くの研究者が発表しています。

特に習慣的に使う上り坂は、ふくらはぎを伸ばし、カカトから足指を使い、正しい荷重が足裏にかかり、仙骨(骨盤)が前方に傾く、いわゆる仙骨(骨盤)が立ち、理想的な姿勢・背骨のS字湾曲の形になります。そのため足指・足裏、また足腰を自然に鍛えることで、インナーマッスル含め、腸内環境にも良い効果を生み出すことが判明しております。

 

健康長寿村(コーカサス、フンザ、ビルカバンバ)日本、世界の習慣

昔の道(日本・海外含む)

特に長寿の村は、起伏に富んだ坂道が多く存在する場所。

起伏の激しい、凸凹道

履物も草履など、裸足に近い。

 

2つの特徴

坂の多い起伏に富んだ大自然

骨盤力があり、仙骨(骨盤)が立っていたこと。

お腹の丹田に力の入る習慣、弓状線が締まっていたこと。

凸凹道(舗装、砂利道でもない)

足裏アーチ力足指力(足趾把持力)があったこと。

が考えられます。

 

 

 

 

フットベース・鷲dal 良い変化をもたらす理由

 

 

 

フットベース・鷲dal(鷲掴み上り坂習慣) 良い変化をもたらす理由

鷲Dalを習慣的に使うことで、ふくらはぎを伸ばし、カカトから足指を使い、正しい荷重が足裏にかかり、仙骨(骨盤)が前方に傾く、いわゆる仙骨(骨盤)が立ち、理想的な姿勢・背骨のS字湾曲の形になります。

 

ハイヒール、パンプス習慣の方は、鷲Dalを習慣的に使うことで、ふくらはぎを伸ばし、カカトから足指を使い、正しい荷重が足裏にかかるようになります。

ハイヒールなどカカトの高い靴を履くことで、通常は、猫背になりやすくなります。また無理にバランスを取ろうとして反り腰になる場合もあります。

 

姿勢の悪さ 下腹ぽっこり

 

姿勢の悪さ 反り腰、猫背、お腹ぽっこり

つま先体重であれば、猫背になりやすく、カカト体重であれば浮き指になりやすい。(上り坂で、仙骨・骨盤が立ち、そして足指で握る必要あり)座った状態で仙骨(骨盤)を立てても仙骨(骨盤)を覆うインナーマッスルに荷重が掛からず、姿勢の改善にはつながりにくい。

 

 

鷲Dalを履いている足首角度と急斜面の上る際の角度比較

鷲Dalを履いている足首角度と急斜面の上る際の角度比較

フットベース・鷲Dalを使用することで、平らな道でも常に上り坂の時と同様の仙骨(骨盤)が立ち、足指の力を使います。

 

 

仙骨説明

 

ワシダル(鷲Dal)で下腹ぽっこりに期待できます。

 

 

 

フットベース・鷲Dalがオナカ凸に効果的な理由

 

 

 

仙骨(骨盤)の角度を修正して、足指力をつけ、足裏アーチを形成することで、オナカのお肉が消える!フットベース・ワシダルで太りにくいカラダに

仙骨(骨盤)を正しい位置・角度にすることで、正しい姿勢習慣が身につきます、「太りにくい身体」へと少しずつ変化させていくことがフットベース・ワシダルの役割です。「ついで」に一生続けられる手軽で簡単な「習慣化」がポイントです。フットベース・ワシダルを使用する中で、自分のお肉の動きを感じられたら、変化の兆し。特にヒールが高い靴を履くことが多い女性は、普段から仙骨(骨盤)が寝る、足指が浮いてしまします。現代は、普段の生活で、ほとんど上り坂を登ることがなくなり、エスカレーター、エレベーター、階段などを使用します、靴もほとんどがカカトのある靴になり、結果、仙骨(骨盤)の寝た、足指の浮いた生活が弓状線の緩み、足趾把持力(足指力)、足裏アーチの低下などによりメタボリックシンドローム、ロコモティブシンドロームなどを引き起こしてるとも考えられます。

 

なぜ、中高年になれば下腹は出るのか?

仙骨(骨盤)が寝ている、足指・足裏アーチが衰えていることが大きな原因の一つです。坂道に立つ事でふくらはぎが伸ばされますが、通常、この角度になると、かかとからつま先の足指まで、本来使わなければならない正しい荷重が足の裏にかかり、足指や足裏のアーチが正常に機能します。正しい加重の体勢になると、自然と身体は理想的な姿勢・背骨のS字湾曲の形になります。(バレエなどで、仙骨・骨盤を立てると聞くこともあるかと思います)フットベース・ワシダルを使用しながら、日常を過ごすうちに仙骨(骨盤)の動きが活性化されて、骨盤の歪みや緩さによるお腹周りの余計なお肉はゆっくりと消えていくことが考えられます。本来、骨盤周りのインナーマッスルは仙骨(骨盤)が前方に傾く「前傾」というポジションにある事で上手に働くように設計されています。しかし、かかとが高くなったヒールのある靴を履いて、イスに座って猫背の姿勢で作業が続けば、骨盤周りのインナーマッスルは徐々に痩せ細り、その分の重量を贅肉でまかない始めることが判明しています。たくさん運動をしても、食事制限をしてもお腹周りの余分な肉がなかなか取れないのは、お腹周りの活動が正しくされていない事が大きな原因であり、背骨や仙骨(骨盤)の角度や機能、足指・足裏アーチの機能を良化させ、しっかり活用していくことで、お腹周りの贅肉は必要なくなるため、消えていきます。フットベース・ワシダルを使用することは、自然と背骨が反れている正しいS字姿勢が作れ、足指・足裏アーチの強化が出来るため、ベストな習慣と言えます。運動をしても、食事を意識しても痩せない、下腹が出ている大きな原因は、仙骨(骨盤)・足指・足裏にあると考えられます。

 

仙骨(骨盤)の角度を修正して、足指力をつけ、足裏アーチを形成すること

 

 

 

 

使用上の注意

 

 

 

◆なんらかの疾患を抱えてる方は、医師にご相談ください。

◆痛み等が出た場合は、ご使用をお控えください。

◆通常の歩行に困難が生じている方のご使用は、お控えください。

◆初めの頃は、足裏・指・首などが固く、痛みを伴う場合がございます、徐々に無理をせずに慣らしてください。

◆痛みが引かない場合は、ご使用をお控えください。

 

 

 

 

商品概要

 

 

 

 

フットベース・鷲Dal(ワシダル)商品概要

商品:フットベース・鷲Dal TM

 

サイズ:M(23,5~25,0cm)

    L(25,5~27,0cm)

カラー:ホワイト、ブラック

品 番:FBW 001、002、003、004

生産国:日本  素 材:EVA樹脂

販売価格:オープン価格(受注生産)

※詳しくはお問い合わせください。

 

 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ