日本腸内環境協会

温故知新ラボ™
オナカだけをずっと真面目に考える「ONAKA研究カンパニー」腸内環境株式会社の研究所であり、ブランド名です。
続くことを考えた腸内環境を整えるための簡単、ついでに出来る「食・運動・鷲掴み力 3つの習慣」製品として温故知新ラボにて、白米0%腸内環境を整えるための主食「醍醐味米」、食サポート サプリメント「レジスタ」、SOD産生サポート主飲料「クロックティー」 、姿勢サポート商品「フットベース」の開発、また「温故知新ラボ」ブランドとしての販売を行っております。(アマゾン、楽天等において、温故知新ラボもしくは、商品名で検索出来ます。)
腸内環境を整えるためには、食物繊維群(レジスタントスターチ、水溶性・不溶性食物繊維、オリゴ糖)、ファイトケミカル(ポリフェノールなど)を意識して摂取し、腸内環境に良い適度な運動を行い、趾(足指)・踵・足裏アーチ、いわゆる鷲掴み力を強くすることが大切です。

トピックス

新年のご挨拶(SDGsへの取組み)

2020年1月14日

あけましておめでとうございます。

本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

昨今、テレビなどで政治家の先生、経営者の方々などが背広のバッジに円形17色のカラフルなものを付けているのがよく映し出されます。

 

SDGs

 

それは、2015年9月に国連総会でSDGs(持続可能な開発目標)が採択されて以降、政府や自治体、企業、非営利団体や大学などで、SDGsに関する様々な取り組みが展開されていることであり、そのロゴマークです。

SDGs(エスディージーズ)とは、Sustainable Development Goalsの頭文字をとった略称、持続可能な開発目標であり、2030年に向けた全世界共通の持続可能な開発目標として17のゴールが設定されています。

 

 

SDGs

 

 

SDGsの17の目標

  • あらゆる場所のあらゆる形態の貧困を終わらせる
  • 飢餓を終わらせ、食料安全保障及び栄養改善を実現し、持続可能な農業を促進する
  • あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を促進する
  • すべての人々への、包摂的かつ公正な質の高い教育を提供し、生涯学習の機会を促進する
  • ジェンダー平等を達成し、すべての女性及び女児の能力強化を行う
  • すべての人々の水と衛生の利用可能性と持続可能な管理を確保する
  • すべての人々の、安価かつ信頼できる持続可能な近代的エネルギーのアクセスを確保する
  • 包摂的かつ持続可能な経済成長及びすべての人々の完全かつ生産的な雇用と働きがいのある人間らしい雇用を促進する
  • 強靭なインフラ構築、包摂的かつ持続可能な産業化の促進及びイノベーションの推進を図る
  • 各国内及び各国間の不平等を是正する
  • 包摂的で安全かつ強靭で持続可能な都市及び人間居住を確保する
  • 持続可能な生産消費形態を確保する
  • 気候変動及びその影響を軽減するための緊急対策を講じる
  • 持続可能な開発のために海洋・海洋資源を保全し、持続可能な形で利用する
  • 陸域生態系の保護、回復、持続可能な利用の推進、持続可能な森林の経営、砂漠化へ対処、ならびに土地の劣化の阻止・回復及び生物多様性の損失を阻止する
  • 持続可能な開発のための平和で包摂的な社会を促進し、すべての人々に司法へのアクセスを提供し、あらゆるレベルにおいて効果的で説明責任のある包摂的な制度を構築する
  • 持続可能な開発のための実施手段を強化し、グローバル・パートナーシップを活性化する

出典:外務省

包摂(ほうせつ)とは、経済・社会が、その本来の諸関係にとって外生的な存在を取り込む過程。一定の範囲の中に包み込むこと。

 

 

 

SDGs

 

 

 

そして、日本政府の「SDGs 実施指針」における8つの優先課題として、人間:◆あらゆる人々の活躍の推進◆健康・長寿の達成、繁栄:◆成長市場の創出、地域活性化、科学技術イノベーション◆持続可能で強靭な国土と質の高いインフラの整備、地球:◆再生可能エネルギー、気候変動対策、循環型社会◆生物多様性、森林、海洋等の環境の保全、平和:◆平和と安全・安心社会の実現、パートナーシップ:◆SDGs実施推進の体制と手段が挙げられております。

 

弊社では、SDGsの目標の一つである「あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を促進する」、政府の8つの優先課題の一つである「健康・長寿の達成」について、少しでもお役に立てるよう今年も活動して参ります。

腸内環境を整えることが健康長寿の一丁目一番地であり、食に関しては、食物繊維群であるレジスタントスターチ、水溶性・不溶性食物繊維、オリゴ糖をバランス良く摂取、またポリフェノールなどの抗酸化物質を摂取すること、そして運動における姿勢の大切さ、足指、足趾把持力(足指の握力)の重要性などを中心に啓蒙活動及び温故知新ラボにて商品の研究開発を行います。

本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

 

腸内環境株式会社

代表取締役 大森裕二

 

 

ページの先頭へ