温故知新ラボ™
オナカだけをずっと真面目に考える「ONAKA研究カンパニー」腸内環境株式会社の研究所であり、ブランド名です。
続くことを考えた腸内環境を整えるための「食・運動・姿勢(鷲掴み力)」商品の開発、販売を温故知新ラボにて行っています。複合炭水化物 低GI値 雑穀米「温故知新ラボ米」、レジスタントスターチサプリメント「レジスタ」、SOD産生サポート飲料「クロックティー」、足趾把持力(足指握力)強化サポート商品「ワシーガトウズ」等。
腸内環境を整えるためには、食物繊維群(レジスタントスターチ、水溶性・不溶性食物繊維、オリゴ糖)、ファイトケミカル(ポリフェノールなど)を意識して摂取し、正しい姿勢で適度な運動を行います、正しい姿勢で行うためには、鷲掴み力(足指握力・足裏アーチ力・踵力)、特に足指握力を強くすることが大切になります。

トピックス

ポリフェノール たこ焼き (飲む・食べるサプリ茶 クロックティー たこ焼き)の作り方

2018年2月3日

ポリフェノールたこ焼き(クロックティーたこ焼き)

ノンカフェインポリフェノール焙煎茶、飲む・食べるサプリメント茶 クロックティーの楽しみ方の1つにポリフェノール たこ焼き(クロックティーたこ焼き)があります。

クロックティーを入れることで、腸内環境にとても良いポリフェノールを多く摂取できるたこ焼きが出来上ります。

ポリフェノールたこ焼き作り方

 

ポリフェノール たこ焼き(クロックティーたこ焼き)の作り方

5人分(25個)材料

卵 1個、ほんだし 小さじ1杯、クロックティー(煮出し)550ml、薄力粉 150g

タコ(茹でたもの)100g、万能ネギ 適量、ソース・マヨネーズ・青のり 適量

<クロックティーの作り方>

やかんに2リットルの水とクロックティー大さじ2杯入れて火にかけ、沸騰後、約10分煮出します。

(使用は550mlのみ、残りは飲料茶としてお飲み下さい)

<ポリフェノールたこ焼きの作り方>

生地を作ります。

ボウルに卵を割り入れて、クロックティー550mlとほんだしを加え混ぜ、薄力粉は、2,3回に分けて加え、よく混ぜます。

具材を作ります。

タコは、1~1,5cm角に切り分けます。

万能ネギは。小口切りにします。

<料理方法>

たこ焼き専用プレートを熱してサラダ油を敷きます。

キッチンペーパーでサラダ油を全体になじませます。

生地を再度よく混ぜてから、たこ焼き専用プレートの穴が全て埋まるくらいまで流し入れます。

タコをたこ焼き専用プレートの穴に1個ずつ入れます。

プレート全体に万能ネギを散らし、残りの生地をプレート全体が埋まるように流し入れます。

生地が白くなってきたらはみ出した生地を穴に寄せながらなぞるようにして返します。(膨れるまで待ちます)

クルクル回して丸い形に整え、全体に焼き色をつけます、器に盛り、ソース・マヨネーズ・青のりで完成です。

<コツ>

中火~弱火で膨れるまで待つことです。

1にも2にも膨れてくるまで我慢です。

是非、お試しください。

 

ポリフェノール たこ焼き (クロックティー たこ焼き)の作り方

ページの先頭へ