日本腸内環境協会

温故知新ラボ™
オナカだけをずっと真面目に考える「ONAKA研究カンパニー」腸内環境株式会社の研究所であり、ブランド名です。
続くことを考えた腸内環境を整えるための簡単、ついでに出来る「食・運動・鷲掴み力 3つの習慣」製品として温故知新ラボにて、白米0%腸内環境を整えるための主食「醍醐味米」、食サポート サプリメント「レジスタ」、SOD産生サポート主飲料「クロックティー」 、姿勢サポート商品「フットベース」の開発、また「温故知新ラボ」ブランドとしての販売を行っております。(アマゾン、楽天等において、温故知新ラボもしくは、商品名で検索出来ます。)
腸内環境を整えるためには、食物繊維群(レジスタントスターチ、水溶性・不溶性食物繊維、オリゴ糖)、ファイトケミカル(ポリフェノールなど)を意識して摂取し、腸内環境に良い適度な運動を行い、趾(足指)・踵・足裏アーチ、いわゆる鷲掴み力を強くすることが大切です。

トピックス

醍醐味・俊足・飛距離・ママ 米プラスαの健康習慣 きくらげ

2017年1月15日

キノコは、不老長寿の食品として有名で、その中でも一番のオススメは、きくらげ(キクラゲ)です。

キノコは、大別すると軟質のしいたけ、しめじ、えのきだけに対し、硬質の霊芝、きくらげ、さるのこしかけなどがあります。

下記の栄養素にも明記しておりますが、きくらげの成分は、7割以上がミネラル、1割が粗蛋白という

現代人、特に女性に不足しがちな栄養素、カルシウム・マグネシウム・鉄・ビタミンD・食物繊維をキノコの中ではダントツに含んでおり、また硬質のキノコの持つ成分が様々な健康効果があることも判ってきています。

醍醐味米プラスアルファ健康習慣

ページの先頭へ