温故知新ラボ
オナカだけをずっと真面目に考える腸内環境株式会社の研究所であり、ブランド名です。
続くことを考えた腸内環境を整えるための簡単、ついでに出来る「食・運動・姿勢=鷲掴み力 3つの習慣」製品として、温故知新ラボにて、レジスタントスターチサプリメント「レジスタ」、SOD産生サポート飲料「クロックティー」 、鷲掴み力(足趾把持力、足指握力、足裏アーチ力、踵力)強化サポート トレーニングフットギア「ワシーガシリーズ」の開発、また「温故知新ラボ」ブランドとして販売を各代理店、アマゾン、楽天ショップにて行っております。 メールでのお問い合わせは、info@chounai-kankyou.comにお願いします。

トピックス

「三つ子の魂百まで」3歳までの食事、食べ物、栄養が重要!子育てはママの主食から。

2016年9月29日

人間の誕生から旅立ちまで、人のエイジング過程の栄養として図にしました。(下記)

母性栄養期は、ママのお腹の中での栄養です、この期間は、ママの食べる栄養をそのまま受ける期間でもあり、ママの食生活に左右されます。基本的には、雑穀、海草、豆などからたっぷりのビタミン、ミネラル、食物繊維群を摂り腸内環境を正常化することを心がけ、プラス植物性たんぱく質の摂取をベースに動物性たんぱく質などバランスの良い食事がオススメです。

乳幼児期においては、これもママの母乳が基本的ベースになりますので、ママの食生活を上記のような形で行うことをオススメします、時期によっては、動物性たんぱく質を多少少なくすることも良いかもしれません。

自ら食べるようになる小児栄養期、成長期栄養期は、上記とほとんど変わりませんが、動物性たんぱく質と植物性たんぱく質を1、5:1くらいで摂るイメージです、この時期は、動物性たんぱく質も必要になります、人間の体格を決める時期です。

成熟期栄養期、老人栄養期は、これも上記がベースですが、動物性たんぱく質より、植物性たんぱく質の割合を増やすことをオススメします。(よく歳をとれば肉をなどと言われている方がいらっしゃいますが、非常に危険だと思います)

このように過程によって栄養の摂取を変えることが必要です。

昔の日本人は、体格が小さく、しかし生活習慣病が少なかった、現代は、体格は良くなったが、生活習慣病が蔓延しています。動物性たんぱく質摂取量増加の光と影だと思います、必要ですが、人生の過程の中で割合を変えなければいけないと思います。

全てのベースは、雑穀、海草、豆系を食することです、食物繊維群、ビタミン、ミネラル、植物性たんぱく質を常に摂取することをオススメします。

また下記に脳の重量発育表を載せています、「三つ子の魂百まで」のことわざは、実は、人間の脳の発育は、満三歳で80%完成します、表をご覧ください。

3歳頃までに脳の発育に必要な栄養素を十分、ママ自身が摂取し、お子様に、そしてお子様が離乳したらお子様に、まずは腸内環境を良好に保つために雑穀や豆、海草などの食物繊維群をベースに食事を組み立ててみては如何でしょうか?

腸の四大機能、脳腸相関(脳にセロトニン、ドーパミンを運びます)、免疫力(悪い菌を入れない、殺します)、栄養産生(栄養を作ります)、造血(血を作ります)、これが重要です、この4つを活性化させておくには、腸内環境の正常化、そのためには、腸内細菌の主食である食物繊維群(レジスタントスターチ、水溶性・不溶性食物繊維、オリゴ糖)を作用の異なる穀物系、豆系、海草系などから摂取することが必要です。穀物、、豆、海草には、ビタミン、ミネラル、植物性たんぱく質も豊富です、あとは、魚、肉からの動物性たんぱく質を。

まずは、ママの栄養、お子様の栄養、そのための食事が一番重要です、文武両道、様々な能力は、脳からです。

%e3%83%9e%e3%83%9e%e7%b1%b3web%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b8%ef%bc%92%e3%80%80

ページの先頭へ